グロービスのeラーニングで
いつでもどこでもMBAの基礎を学習

デモ画面を見る

受講申し込み

アカウンティング

  • 財務諸表から弱点を読み取り提案につなげたい
  • 複雑になった管理会計をシンプルにしたい
  • 定性・定量がそろった分析力を身につけたい
  • 管理職になる前に、事業収支を見る力をきっちり身につけたい

企業活動の成績を示す財務諸表から
企業の現状や戦略を読み取る力を身に付ける

これまでの企業活動の成績を表す財務諸表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュ・フロー計算書)や企業経営における財務会計・管理会計の役割など、基礎的な概念や知識、分析手法などを身につけることを目的としています。企業の活動・実績をおカネの面から説明するための「決まり事」や、分析・評価のためにどこに着目すればよいかを学びます。
グロービスのeMBA「アカウンティング」では、財務・経理の専門家や会計学の学問的研究ではなく、一マネージャとして必要なアカウンティングの知識を身につけることで、企業活動や事業活動上の課題を数字の面から判断し、解決への糸口を見つけ出すことができるようになります。

H.Sさん 40代 製造業 生産

非常にわかりやすい内容のプログラムでした。 他のアカウンティング講座と比較した際、広く浅く満遍なく多くの内容がカバーされていました。受講後は、社内会議で使われていた会計用語の意味が理解できるようになり、 自分自身経営上の判断がある程度できるようになりました。

講座名

【新版】eMBAアカウンティング

受講期間

2ヶ月(標準学習時間25時間)

受講料

【補助教材つき】25,920円(税込)/【補助教材なし】23,760円(税込)
※価格は消費税8%で表記しております。

学習キーワード

損益計算書 貸借対照表 キャッシュフロー計算書 ROA、ROE 収益性分析

講座内容

【Unit1】 アカウンティングと財務諸表の構成

内容 キーワード

アカウンティングとは何か。財務諸表の構成として、P/L(損益計算書)、B/S(賃借対照表)について学習します。

ケーススタディ:山崎製パン

  • 収益
  • 費用
  • 利益
  • 売上原価
  • 販売費
  • 一般管理費
  • 売上げ計上基準
  • 流動資産
  • 棚卸資産と評価方法
  • 固定資産
  • 減価償却
  • 繰延資産
  • 負債
  • 引当金
  • 資本

【Unit2】 財務諸表の連関

内容 キーワード

財務会計の枠組みとして、P/L、B/Sの相互関係や、キャッシュフロー計算書の構成と仕組みを学びます。また最近の会計基準の変化を把握します。

ケーススタディ:ある有限会社の財務諸表を作成する。

  • 連結会計
  • 税効果会計
  • 退職給付会計
  • キャッシュフロー計算書
  • 事業ライフサイクル
  • 営業活動
  • 財務活動
  • 投資活動
  • 直接法
  • 間接法

【Unit3】 財務諸表分析

内容 キーワード

財務指標分析の概念として、各分析の概念と計算方法を学びます。その上で、財務指標分析の活用法を時系列及び同業他社比較から学習します。

ケーススタディ:自動車メーカー3社の財務分析

  • 収益性分析
  • 安全性分析
  • 成長性分析
  • 総合力分析
  • ROA
  • ROE
  • 財務レバレッジ

【Unit4】 管理会計のツール

内容 キーワード

管理会計のツールとして、原価計算(原価の分類方法、間接費配賦方法)と採算性把握(限界利益、損益分岐点分析)の技法を学習します。

ケーススタディ:ある部品製造メーカーの収支

  • ABC(活動基準原価計算)
  • 損益分岐点(BEP)
  • 変動費
  • 固定費
  • 限界利益
  • コストドライバー
  • 差異分析

【Unit5】 マネジメント・コントロール

内容 キーワード

利益計画の立て方として、PDCAの概念、差異分析の技法、標準原価の概念を、そしてマネジメント・コントロールの方法として、業績評価/業績管理の技法とコストセンター/プロフィット・センターの区分を学習します。

ケーススタディ:あるお寿司屋さんの利益計画

  • コストセンター
  • プロフィットセンター
  • インベストメントセンター
  • 予算実績差異分析
  • SBU
  • KPI
  • MBO
  • 企業価値

Page Top