グロービスのeラーニングで
いつでもどこでもMBAの基礎を学習

デモ画面を見る

受講申し込み

クリティカル・シンキング

  • この提案だけは通したい
  • 言いたいことを明確に伝えたい
  • 自分のプランに自信を持ちたい
  • 皆が納得する解決策を打ち出したい

すべてのビジネスパーソンに必須の論理思考力を身につける

今ここで考えるべきこと=イシューを特定し、検討の枠組みを考え、仮説を立てて検証し、それを進化させながら結論付ける一連の思考プロセスを強化。適切な結論を導いたり、結論に対する説得力を増すことができます。また、仕事への理解度を高めることで、効率的に仕事ができ、自身の成長スピードを上げることができます。

T.Kさん 20代 メーカー営業

グロービスの科目をまずはeラーニングで受講してみたかったので、受講を始めました。演習が多く、大抵の研修にあるように答えがうっすら見えるような安易なものでなく、 実際に現場で発生し悩みそうな内容であったのが良かったと思います。

デモ画面を見る

e-ラーニング受講画面とは
一部異なる箇所があります。

e-ラーニング受講画面とは
一部異なる箇所があります。

講座名

eMBA2.0 クリティカル・シンキング

受講期間

3ヶ月(標準学習時間20時間)

受講料

22,500円(税抜)
→ 特別価格にてご提供中

学習キーワード

イシュー、思考の枠組み、主張と根拠、MECE、分析と分解、仮説検証、事象のつながり(因果関係、相関関係)

受講申し込みはこちらから

講座内容

1章  ここで考えるべきこと:イシュー

内容 キーワード

・イシューによって全てが決まる


・イシューを押さえ続ける


・イシューは決めるもの


コラム:イシューについて考える

イシュー、ここで答えるべき問いを明らかにする、イシューに集中する、イシューは外しがち、無駄な議論を無くす

2章  押さえておくべき論点は何なのか:枠組み

内容 キーワード

・網羅感を担保する


・抽象度を揃える


・イシューに沿った枠組みを考える


コラム:枠組みの種類

枠組み、具体的な問いにした論点のセット、見落としを避ける、二度手間を避ける、フレームワーク、効率的に検討を進める

3章  自分の主張に納得してもらうために:主張と根拠

内容 キーワード

・根拠が合わない


・根拠が足りない


・前提が不適切


コラム:演繹法と帰納法

説得力を増す、理解力が増す、隠れた前提に気づく、完璧で無くても多くの人が納得できる程度、論理の組み立て方

4章  検討を進めるには:仮説と検証

内容 キーワード

・初期仮説をたてる


・検証をする


・初期仮説を上書きする


コラム:よい仮説をつくる

仮の答え、検証により当たりらしいかを判断する、限られたリソースの中で意思決定をする、効率的に検証をする、ファクトを押さえる

5章  ものごとを把握しやすくする方法:分析と分解

内容 キーワード

・多くの切り口を持つ


・漏れなくダブりなく


・感度の良い切り口と切り方

状況・特長・傾向をより詳細に具体的に理解する、MECE、切り口と切り方、判断に繋がる示唆を出す

6章  事実の関係性をつかむ:事象のつながり

内容 キーワード

・順序を正しく把握する


・根本の原因を考える


・対策を考える


コラム:問題解決のプロセス

背後の原理や共通点・相違点を見つける、仮説や施策立案に役立てる、表面的な現象に囚われない、根本原因まで掘り下げる

グロービスのeラーニング講座を修了されたご受講者の感想をご紹介しています。
詳しくは、ご受講者の声をご覧ください。

本カリキュラムは、eMBAシリーズでも提供しておりました。
詳しくはこちら

Page Top