グロービスのeラーニングで
いつでもどこでもMBAの基礎を学習

デモ画面を見る

受講申し込み

アカウンティング

  • 財務諸表から弱点を読み取り提案につなげたい
  • 複雑になった管理会計をシンプルにしたい
  • 定性・定量がそろった分析力を身につけたい
  • 管理職になる前に、事業収支を見る力をきっちり身につけたい

企業活動を「おカネ」の面から読み取る力を身につける

マネジメントを目指す方にとって、ビジネス上必要な会計の基礎知識と、意思決定力を身につけることを目的としています。アカウンティングを理解することで、企業活動や事業活動上の課題を数字の面から判断し、解決への糸口を見つけ出すことができるようになります。


※受講環境について ※
表ソフトを活用すると取り組みやすい演習等が含まれています。実務環境にも近づくため、PCのご用意をおすすめいたします。

H.Sさん 40代 製造業 生産

非常にわかりやすい内容のプログラムでした。 他のアカウンティング講座と比較した際、広く浅く満遍なく多くの内容がカバーされていました。受講後は、社内会議で使われていた会計用語の意味が理解できるようになり、 自分自身経営上の判断がある程度できるようになりました。

デモ画面を見る

e-ラーニング受講画面とは
一部異なる箇所があります。

e-ラーニング受講画面とは
一部異なる箇所があります。

講座名

eMBA2.0 アカウンティング

受講期間

3ヶ月(標準学習時間25時間)

受講料

22,500円(税抜)
→ 特別価格にてご提供中

学習キーワード

損益計算書(P/L) 貸借対照表(B/S) キャッシュフロー計算書 ROA、ROE 収益性分析

受講申し込みはこちらから

講座内容

1章  事業活動の測定

内容 キーワード

・財務諸表と概要


・事業活動と財務諸表の繋がり

  • 損益計算書(P/L)
  • 貸借対照表(B/S)
  • キャッシュフロー計算書
  • ボックス図

2章  利益の把握

内容 キーワード

・P/Lの構成


・会計の原則

  • 売上高
  • 営業利益
  • 経常利益
  • 当期純利益
  • 収益性分析
  • 営業利益率
  • 発生主義
  • 実現主義
  • 費用収益対応の原則
  • 減価償却
  • 先入先出法
  • 総平均法

3章  資金繰りの把握

内容 キーワード

・B/Sの構成・見方


・C/Fの構成・見方、事業ポートフォリオとキャッシュフロー


・C/Fと利益・WC

  • 資産
  • 負債
  • 純資産
  • 流動資産
  • 固定負債
  • 安全性分析
  • 効率性分析
  • 自己資本比率
  • たな卸資産
  • 当座資産
  • 運転資本
  • キャッシュフロー
  • フリー・キャッシュフロー

4章  現状分析

内容 キーワード

・分析の予測


・分析の手順


・指標分析

  • 外部環境
  • 総資産利益率(ROA)
  • 自己資本利益率(ROE)
  • 売上高経常利益率
  • 総資産回転率
  • 売上当期純利益率
  • 財務レバレッジ

5章  将来予測①

内容 キーワード

・利益の予測

  • 損益分岐点
  • 損益分岐点比率
  • 直接費
  • 間接費
  • 変動費
  • 固定費

6章  将来予測②

内容 キーワード

・予測財務諸表


・予測P/L


・予測B/S


・差額原価収益分析


  • 予測財務諸表
  • 差額原価収益分析
  • 関連原価
  • 無関連原価
  • サンクコスト(埋没原価)

グロービスのeラーニング講座を修了されたご受講者の感想をご紹介しています。
詳しくは、ご受講者の声をご覧ください。

本カリキュラムは、【新版】eMBAシリーズでも提供しておりました。
詳しくはこちら

Page Top